カレーの思い出 415:寝ぼけたカレー丼

母がカレーをよそう際に、寝ぼけたのか丼によそいはじめ、何食わぬ顔で食卓に出してきたことがあります。


→いや、それはカレーライスではなくカレー丼というメニューだったのだと思います。(水野仁輔)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?