カレーの思い出 020:サーモンカレー

私は20代半ばまで肉が食べられませんでした。どう工夫しても肉を食べない私に、母は時々、鮭カレーを作ってくれました。(今思えば経済状況もあったのかと思いますが。)この鮭カレーに友達はびっくりしたものです。今でこそシーフードカレーはめずらしくありませんが、昭和20年代の話です。
現在の私の作るカレーもなんでもありの自己流です。

→鮭のカレー、おいしそう! 作ってみたくなりました。実は、フィッシュカレーを固形のルウで作るのはかなり難しいんです。小麦粉のトロミと魚との相性があまりよくない。それと煮込みすぎると磯臭さが出てしまうんですね。スパイスで作るカレーならフィッシュはかなりおいしくなりますが。とはいえ、鮭に関しては、それほどネガティブな印象はありません。もしかしたら、サーモンカレーはルウで作ってもおいしくなりやすい数少ないアイテムなのかもしれません。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 344本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。