カレーの思い出 433:カレーになるか、シチューになるか

おふくろカレーはルーを入れるまでカレーになるかシチューになるかわからず、圧力鍋でフツーの具を煮たところで家族の気分でどちらかに決めていました。カレーの場合はバーモント辛口×甘口。シチューはハウスミクスシチューのみです。おやじカレーもあり、レストランをやっていたので日本の洋食屋さんのカレーでした。とにかく気分で選んでいました。

→なんと柔軟な対応なこと! レストランをやっていたということは、調理技術が卓越しているんでしょうね。だからこそ、「どちらもいける」料理から分岐して「気分で選べる」というスタイルが実現していたんだと思います。羨ましい環境です。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔