カレーの思い出 022:カレーに生卵

小さい頃、友達の所に遊びに行って晩御飯を食べた時にカレーが出てきた。その時、生たまごを入れたらカレーが甘くなってちょっとおいしく感じた。それからたまにカレーに生たまごを入れるようになった。

→カレーに生卵、うまいですよね。僕はカレーの上に卵を割り落してから混ぜるのではなく、別のボウルか器でキッチリ混ぜ合わせてから、カレーにかけるのが好きです。卵自体の甘みがあることは確かなのですが、それ以上に、舌を溶き卵がコーティングすることによって辛みを感じにくくする効果があるんじゃないかと思っています。溶き卵をかけるときにほんの少ししょう油を混ぜ合わせるのも悪くないですが、これはそのときどきの気分によってかなぁ。カレーに生卵というセットはルウカレーならでは、な気もしていましたが、もしかしたら、スパイスで作るカレーに合わせてもおいしいような気がします。いつかやってみます。(水野仁輔)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 347本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。