カレーの思い出 109:スパイシーな恋

たまたま入ったカレー屋さんの常連のお客さんにタイプの人がいました。また会えたらいいなという思いで2週間後に再訪。話が弾んでデートに行く事になりトントン拍子でお付き合いをすることに。そして2ヶ月でお別れする事になりました(笑)。カレーが繋げてくれたスパイシーな思い出です。

→そんなこと、あるんですね。うらやましい。お店で出会った人とデートして付き合って……。そうか~。そうか~。そういう経験ないな~。あ、でも、そもそも常連といえるほど頻繁に通っているカレー店がないな。そこから始めないといけませんな。

(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 339本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。