カレーの思い出 295:食べ放題での流儀

食べ放題では白米を食べるな、というのが父の教えでした。小学生くらいの頃、いろいろなものが食べ放題のお店に家族でよく行っていました。弟が馬鹿みたいにたくさん食べるので、食べ放題は都合がよかったのだと思います。弟が真っ先に取ってくるのは、山盛りのカレー。もちろんごはんも山盛りです。それを見た父は、「白米でおなかがいっぱいになったら元が取れないだろう。食べ放題では白米を食べるな!」と一喝。弟は、その後も懲りずに山盛りカレーライスを食べ続けていましたが、私は食べ放題の時はライスなしでカレーを食べるようにしていました。それ以来、大人になっても食べ放題で白米を食べることに何となく罪悪感があります。最近ようやく、ホテルのブュッフェでカレーライスを食べることができるようになりました。といっても、未だにライスはふた口分までしかよそえない私です。

→子供はごはん好きですからね。白米たべまくる子供だけ値段を下げてくれればいいのになぁ。カレーライスを食べるときにカレーに比べてライスが多くなります、僕の場合。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 345本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。