カレーの対談02:水口克夫×水野仁輔
見出し画像

カレーの対談02:水口克夫×水野仁輔

カレーの学校

カレーパンにカレーうどん、カレーあられなど、「カレー」というものはどんな食材と組み合わせてもカタチになる。そんなカレーの可能性をさらに広げようとしているのは、水野仁輔さん。カレー×音楽で20年以上前に始めた東京カリ〜番長や、カレー×学校で始めたカレーの学校はすでに23期生を受け入れている。カレーに対する愛は保ちながら、今後は写真家としてやっていくことを先日表明した。そんな水野さんの活動の根元にあるものを探りたくて、代々木公園駅近くの水野さんの拠点「ルーム」を訪問しました。
(ideas_together_hotchkiss より)

その1
https://note.com/ideas_hotchkiss/n/n88e838ae0532

 

その2
https://note.com/ideas_hotchkiss/n/n0fbf0e863211


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔