カレーの思い出 382:4種の神器

カレーの思い出 382:4種の神器

カレーのルーで作る家のカレーがいつの日からか嫌いになり、ここ数年ほとんど食べていません。辛い物が苦手で、カレーや、中華などをさけた食事をしてきました。けれど講演を聞き、4種の神器を使ったカレーを食べてみたくなりました。

→カレーをおいしくする4種の神器をオススメしていた時期があったな。懐かしい。バター、砂糖、唐辛子、にんにく。まあ、おいしくはなりますけどね。昔の話です。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔