カレーの学校
カレーの思い出 115:ナゾの味

カレーの思い出 115:ナゾの味

カレーの学校

幼い頃、近所の釣り好きのオジサンが良く作っては鍋ごと差し入れてくれた魚介カレー。あれは、なんとも言えないナゾの味。

→なんともいえずおいしかったのか、おいしくなかったのか。どっちなんだろう。魚介のカレーってすごく難しいんですよね。具の状態とソースの状態と風味をバランスよく完成させなければならない。ゴールイメージが明確にあって、そこに向かうレシピの組み立てをできる人でないと厳密には魚介類のカレーは成功しないと思います。釣りたての魚だったら、素材がいいから、余計にいい仕上げにしたいですよね。僕はバングラデシュのガンジス川下流域の船の上にで漁師料理のカレーを食べたことがあります。それは抜群のおいしさでした。(水野仁輔)

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔