カレーの思い出 273:料理のセンスないな

私はスパイスカレーを作ったのも1.5回の超初心者で、その0.5回目の話です。料理は苦手ですが、カレーの学校をきっかけに自分でも作ってみたくなり、初・スパイスカレーに挑戦しました! しかし、途中で異様に鮮やかな赤色となり、激辛カレーになっていました汗。途方にくれていたところ、偶然実家に帰ってきた弟が登場!
「代わるよ」と助け船を出してくれたかと思えば、一言「料理のセンスないな」…はい、そうです。結局、そのスパイスカレーは記念すべき1回目に到達することなく、ルウカレーへと変換された、弟とのカレーの思い出です。

→スパイスで作り始めてゴールテープを切る前にルウが入ってしまうこと、初心者にはよくあります。自信を持って! 最初のうちは、ばんばんカレールウに助けてもらいましょう。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 301本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。