カレーの実験 020:鍋の違いで4種
見出し画像

カレーの実験 020:鍋の違いで4種

カレーの学校

4種類のキーマカレーを作って試食しました。

A. アルミ(無水鍋)/鍋底直径ひろめ
B. 多層(水野鍋)/鍋底直径
C. 鋳鉄(バーミキュラ)/鍋底直径
D. ステンレス(ビタクラフトプロ)/鍋底直径

それぞれに火の入り方に特徴があるため、それを知って調理の微調整ができるようになるといいんじゃないか、という結論に。

とはいえ、鋳鉄の鍋(ストウブ、バーミキュラなど)は想像以上にいいことがわかりました。重いけど。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カレーの学校
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると700人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕もたまには混ぜてもらって一緒に楽しむ。そんな学校です。水野仁輔