カレーの思い出 132:火をおこす男の子

中学校に入学したばかりの時の初めての行事の、飯ごう炊さんカレーを作ったことです。女の子は具材を切ったりお米をといで、男の子は火をおこしてくれました。その時は男の子がかっこよく見えました(笑)。その行事がきっかけで友達と仲良くなれました。あの時食べたカレーは最高においしかったです!!

→キャンプの定番はやっぱりカレー。アウトドアでみんなで作って食べると何割増しかおいしく感じます。同じようにキャンプで火を扱う男子は、何割増しか格好良く見えますね。(水野仁輔)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの思い出
カレーの思い出
  • 264本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。