見出し画像

カレーのヒント 063:スープカレー愛

1年ぶりに札幌を訪れた。

大好きなスープカレーを何軒もはしごした。そして、改めて思ったことがある。スープカレーは日本を代表するオリジナルカレーだと思う。そして、そんなスープカレーのことを他の誰とも違う角度から僕は魅力的に感じている。この目線は僕にしかないものだろうし、僕にしか感じられないスープカレーの魅力があるとも思う。

おいしいなぁ、スープカレー。

東京に戻っても余韻は続く。余韻のはじっこで、「僕にしかわからない魅力があるだなんて思い込みも甚だしいな」と思いつつ、同時に、「これが愛ってものなのかもなぁ」とも思う。

そう、きっと、この感覚は僕のスープカレー愛なんだ。次はいつ行けるだろう、スープカレーを食べに、札幌へ。

(水野仁輔)

スープカレー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーのヒント
カレーのヒント
  • 66本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。