カレーの実験 036:第四回 サモサメドレーの為の試作会
見出し画像

カレーの実験 036:第四回 サモサメドレーの為の試作会

四サモサ目
今回のテーマは〝ミート〟
サモサメドレーのメインディシュには
やっぱり、お肉をフィリングに選びたいのです。
できれば、赤ワインを片手に頬張りたいくらい
たっぷりと包みたいのです。

そんなサモサを見つけようと、
お肉の大きさと皮の相性を食べ比べました。

①フィリング:ドライビーフキーマ
噛みごたえのある大きさにカットした牛バラ
マッシュルーム、パプリカ
皮:パイ皮/全粒粉皮

②フィリング:基本のキーマ
牛豚の合挽きミンチ、みじん切りマッシュルーム
皮:パイ皮/全粒粉皮

△試食の感想
①パイ皮
ふんわりパイの食感が少し物足りない感
お包みの形は新発見があり楽しい

全粒粉皮
ゴロゴロフィリングにザックリな皮が合う
いつもより大きめサイズが好ましい
今回の1番人気

②パイ皮
いわゆるミートパイな仕上り
ちょっと脂が気になるかも〜な味わいに…
焼いたら絶対美味しい〝ミートパイ〟になるけど
ミートサモサはやりすぎな感じ

全粒粉皮
フィリングが物足りない
合わせる野菜、合挽き肉の割合を見直して
みたい

△感想
フィリングはどちらもAIR SPICEさんのキーマレシピをアレンジ。包む皮が変われば味わいも変わる。
皮づくりに関しては、いまだに思うようになりません。一度に作る量、配合を見直していきたいところ。
前回のおさらい、カリフラワーピュレをサモサに
添えてみましたが、こちらは大好評。
サモサナイトでは、憧れの銅鍋で初サモサ揚げ。
揚げてる時の音がキレイで、揚がりもキレイ。
みんなのお包みもどんどん上達しました△

サモサ05

サモサ01

サモサ02

サモサ03

サモサ00


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると10人以上の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると600人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔