マガジンのカバー画像

カレーの思い出

498
Q. カレーの思い出を教えてください。笑える話、泣ける話、怒れる話、どうでもいい話、なんでも。集まってきた物語の数々を紹介しています。
運営しているクリエイター

2020年6月の記事一覧

カレーの思い出 255:焚き火で作る魚介のカレー

私の田舎では成人式が夏にあります。人数も少なくたしか13人程度での式だったと思います。その…

カレーの思い出 254:エスニックカレーのお店

20代のころ最初に就職した仕事をやめ実家の長野でふらふらしていた時のことです。松本市の友人…

カレーの思い出 253:料理下手の味方

私のカレーの思い出は、和風だしのカレーを彼が食べてくれた事です。お鍋ではなくフライパンで…

カレーの思い出 252:あの頃のガッツ

私の思い出のカレーは、社会人一年目に、神奈川県の綱島に住んでいた頃、綱島駅近くの料理屋で…

カレーの思い出 251:ふっつーのカレーライス

今から20数年前、ニューヨークに仕事で滞在していたときのことです。別に梅干しやら味噌汁やら…

カレーの思い出 250:とっちゃの作ったカレー

昨年5歳になった息子に、カイエンペッ パーをパプリカパウダーにかえて、チキンカレーを作り…

カレーの思い出 249:変わらないウェイトレスさん

忘れられないカレーがあります。江古田駅近くにあった「パーラー・トキ」のカレーです。学生時代、今でも江古田にあるライブハウス「マーキー」のスタッフになり毎週2〜3回通いました。勤務の前に腹ごしらえをしたのが喫茶店の「パーラー・トキ」(創業40年)。とにかくカレーやスパゲティの量が多く学生向きで芸術関係の大学の学生が描いた絵が壁にかけられ、とにかくたくさんの漫画もおいてありました。ここは竹久夢二の絵のようなウエイトレスさんが一人だけおり、心からの接客をしてくださっていました。昼ご

スキ
5

カレーの思い出 248:漫画か会話か

小学生のころよく行っていたカレー屋さんは、漫画がたくさん置いてありました。しかも一度行く…

カレーの思い出 247:カレーと雪見だいふく

給食のカレーは、唐揚げ・雪見だいふく・コーヒー牛乳とセットでした。うちの市では給食にリク…

カレーの思い出 246:今日はラッキーだ!

7歳下の弟が小学生のときの話です。給食でカレーを食べた日に晩ごはんもカレーだと、普通は「 …

カレーの思い出 245:完全犯罪の瞬間

小学校五年生の時の家庭科で初めて作った料理がカレーでした。料理を作る経験を家でもしていな…

カレーの思い出 244:吹奏楽部の鉄の掟

浜松出身の僕は高校のときに吹奏楽部に入っていました。年に一回の演奏会やコンクールが終わる…

カレーの思い出 243:頭にキャベツ

中学生の頃 健康な私には珍しく風邪で高熱をだして寝込んでいました。頭にキャベツが敷かれて…

カレーの思い出 242:大型バイクに革ジャンのおじいさん

夫はイギリス人で、料理好きです。以前水野さんがカレーのルーツを探りにイギリスに行かれたので何か興味深い話があるかと私も興味があり聞いてみました。彼のカレーのルーツはおじいさん。幼少期に祖父母の家で育った夫にとって思い出の料理の一つがスパイスカレーです。おじいさんは第二次世界大戦時に兵士としてインドに駐在する機会があり、その際にインド人からカレーのレシピを習ったとのこと。以来、戦後イギリス本土に戻ってからも時間があればスパイスカレーを作ってくれたそうです。 おじいさんのカレーは

スキ
8