見出し画像

カレーの実験004:第一回 サモサメドレーのための試作

サモサのフィリングの殆どは、じゃがいもがメイン。
でも、せっかくだから様々なフィリングのサモサを
試してみたい…
また、皮の粉配合、スパイスは何が合うのかを毎回探り、より美味しくて、ほかに見たことのないサモサのためのサモサによるフルコースを〝サモサメドレー〟と名付け、構築していく試作会です。

一サモサ目
今回のテーマは〝キャベツ〟
デリーの田中社長さんのブログで紹介された南インドのゴアで食されたという〝キャベツサモサ〟に惹かれて、写真をてがかりに、キャベツでフィリングを作ってみました。

キャベツの切り方
合わせる野菜
ホールスパイス
パウダースパイス
を変えた3種類

Aは南インドらしい配合のスパイスにカリフラワー
を入れて蒸し炒め
カレーリーフの香ばしさと、ココナッツ、カリフラワーのふんわり甘い香りで優しい味

Bはキャベツ感がたっぷり残った食感にレモン、セロリが爽やかに香る
グリーンチリの辛さがアクセントになって、何個でも食べれそう

Cはみじん切りにしたキャベツがじゃがいもになじんでる。チャットマサラにカシューナッツが個性的な風味を出している

ほぼ満場一致で一番美味しいキャベツのフィリングはBでした。

米油
クミンシード
生姜
セロリ
千切りキャベツ

ターメリック
ガラムマサラ
グリーンチリ
レモンの皮
レモン汁
上から順に炒める

皮の生地
薄力粉に全粒粉を加えざっくりした食感と
素朴な風味の薄皮仕上げ
サモサの定番アジョワン入り

画像1

画像2

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
別名“カレープレーヤー”養成所。入学すると50人の仲間(同級生)に出会える。授業に出るとカレーの未知なる魅力に翻弄される。卒業すると500人以上の仲間(卒業生)ができる。つまり楽しい日々はずっと続く。そして校長の僕は取り残されてちょっぴり寂しくなる。そんな学校です。水野仁輔

こちらでもピックアップされています

カレーの実験
カレーの実験
  • 12本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。