カレーのヒント

83

カレーのヒント 078:「いい音楽」と「おいしいカレー」

音楽の世界には録音という手法があって羨ましい。

そのおかげで、ずいぶん昔に活躍した音楽家の音や演奏を聴くことができるからだ。でも、カレーの世界に録音に変わる手法は存在しない。

レシピは楽譜と同じだから、別の誰かが再現するという条件つきなら、音楽とカレーは共通している。でも、音楽には楽譜があって録音があるのだけれど、カレーは録音に相当するところがない。聴覚で楽しむ音楽と味覚と嗅覚で楽しむカレーと

もっとみる

カレーのヒント 077:誰も気にしてはいないのだけれど

映画を観てエッセイを書く連載をしている。

https://www.pintscope.com/serial-story/jinsuke-mizuno-14/

今回で14回目になるのだけれど、ふと連載ページの下の部分を見て思ったことがある。バックナンバーがアーカイブされている部分の表記についてだ。

13嘘でも言ってくれ 「見せかけなんかじゃない」 『ペーパー・ムーン』
12誰かにもらった正解

もっとみる

カレーのヒント 076:たまには、カレー“の”お話。

2010年に著書『かんたん、本格! スパイスカレー』を出したとき、
「スパイスカレーなんて言葉を使ったら誰にも届かないかもしれない」
とビクビクしながらだった。

2019年に著書『スパイスカレーを作る』を出したとき、
「スパイスカレーなんて言葉はみんなが使い始めたからもう使いたくない」
と駄々をこねた。

そして僕からは代案を出した。『スパイスでカレーを作る』にしたい。“スパイス”と“カレー”の

もっとみる

カレーのヒント 075:カレーとは、JAZZである!?

ゴールデンウィークに6冊のジャズ本を読んだのは、「カレーはJAZZなんじゃないか」と思い始めたからだ。

JAZZを聴きながらJAZZ本を読んで過ごす。色々と発見があった。

僕は、自分のことをマイルス・デイビスだ、と思っていたのだけれど(バカじゃないの!?)、東京カリ~番長のリーダーと活動するときには、チャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーだったんだな、と思い直したし(バカじゃないの!?)、

もっとみる