カレーのヒント

49

カレーのヒント 008:祝・東京カリ~番長20周年!

東京カリ~番長、20周年。
 
正義感も使命感も持たず、
たいした影響力も持たず、
誰にも迷惑をかけないで、
あまり知られることなく、
鳴かず飛ばずをキープし、
いつもと同じ場所にいる。
いい歳をしたおじさんが、
偉そうに振舞うことなく、
相変らずバカばかりして、
気がつけば20年が経って、
仲間だけは順調に増えた。
なんと素敵なことだろう。
これからもこの調子でね。
 
おめでとう!(水野仁輔)

カレーのヒント 007:木べらがない

イベントで250人分のカレーを作った。調理現場に入り、仕込みを開始してから、木べらがないことが判明。出張料理はハプニングの連続である。そして、僕はハプニングが大好きだ。というよりも、予定調和が楽しくない。イメージした通りの場所にたどりついたり、想定した通りに物事が運ぶとつまんなくなってしまう。

調理アシスタントに、とあるシェフが入ってくれていて、彼が「木べら持ってきましょうか。僕の店にありますか

もっとみる

カレーのヒント 006:探しモノは?

探しモノは見つかったほうがいいのだけれど、見つからなくてもいい場合がある。ベトナムにカレー文化はあるのか? を探すべく、1週間の滞在をしている。現時点でいえば、ホーチミンではカレー文化を見つけたが、ハノイでは見つけられなかった。

ハノイでひょんなことから10数年ぶりに旧知の編集者に会った。現在はハノイ在住だという彼女は、僕がカレーを探しにハノイにやってきたと知り、とても申し訳なさそうだった。ハノ

もっとみる

カレーのヒント 005:NO MSG CURRY

ベトナムにやってきた。ホーチミンで初日に2種類のカレーを食べた。ひとつは、ムスリム街でチキンカレー。もうひとつは、ベトナム料理レストランでチキンカレー(カリー・ガー)。どちらもそれなりに美味しかったが、共通しているのは、油や塩が少ないことだった。インド料理に慣れているせいか、特にカリーガーは、拍子抜けするほどさっぱりしている。後者のレストランは、NO MSG(いわゆる無化調)をうたっているが、味気

もっとみる

カレーのヒント 004:スパイスサーカス

新しいグループを結成した。スパイスサーカスという。アウトドアやキャンプでカレーを作るシェフ集団だ。スパイスを持参して全国各地を訪れ、その場の食材を使って自由にカレーを作る。今のところ、自分たちで作り、自分たちで食べることにしている。そこに居合わせた人たちとカレーの時間を共にすることになるのだから、サーカス団があちこちへ飛び回るようなイメージに近いのかもしれない。出入り自由のシェフ集団にしようと思っ

もっとみる